ホーム > 知らないと損する医療制度の知識 > シリーズ 公費負担医療制度 〜MSW等との連携〜

2009年07月03日

シリーズ 公費負担医療制度 〜MSW等との連携〜

 前回は医療事務スタッフが公費負担医療制度に対する知識を深め、率先して患者さんに伝えることの重要性をお話させていただきましたが、医療事務スタッフの説明だけでは広く浅くなりがちで、一般的な質問以外には対応しきれないケースが多くなります。
ほとんどの医療機関では、MSW(医療ソーシャルワーカー)という専門職を配置して医療相談を受ける部署を設けています。しかし、現状としてこのMSWの人員が不足していたり、医療事務スタッフとの連携がうまく取れておらず、結果的に患者さんに十分なサービスが提供されていない医療機関が多いようです。この問題を解決するためには、医療事務スタッフはいち早く公費負担医療制度の該当患者さんを見つけ、MSWに知らせなければなりません。そしてMSWは患者さんに対してより細やかな説明を行い、スムーズな申請をサポートします。このように医療事務スタッフと専門職員との役割を明確にし、連携をはかることが重要になります。
 ここまで一般的な診察時間内のお話をさせていただきましたが、休日や夜間など医療事務スタッフが手薄になる時間帯の患者受入れも発生します。そんなときには医師や看護師の対応が非常に重要になります。特に生活保護受給者などについては、翌日速やかに医療事務スタッフに引き継がれるよう、体制を整えておく必要があります。
 公費負担医療制度の申請が遅れると公費負担の対象とならない治療期間が出てくる場合があることは今回のテーマの冒頭でも述べてきました。つまり、申請に必要な書類を作成するにあたっては、医療事務スタッフによる後追いが非常に重要となります。主治医の意見書等への記載を依頼したままにしないで、すぐに書いてもらえるように医療事務スタッフがフォローできる環境作りが大切です。

患者サービスとして

 公費負担医療制度の申請に関して、医療機関のスタッフが患者さんをフォローすることが患者サービスにもつながります。また一方ではそうすることが、同時に医療機関側の未収金を減らすことにもつながりますので一石二鳥とも言えます。
こうしたよりよい改善へのポイントとして、これまで述べてきたことをおさらいしておくと、下記のようになります。
 @公費負担医療制度についてのチラシや冊子の作成による患者さんへの周知
 A医療事務職員の教育・研修による育成
 BMSW等専門職との役割の明確化と連携
 C時間外対応のルール化(院内スタッフ間での情報共有のあり方)
 公費負担医療制度は、高額な医療費に対する患者さんの経済的負担を減らし、安心して医療を受けてもらうことが目的でありますが、医療機関として大事なことは来院していただく患者さんの目線に立った業務改善を心がけることです。患者さんに親しまれる病院づくりを目指すことが今後は必須課題となってくるはずです。まず一歩目を踏み出してみてはいかがでしょうか。

コンサルティングチーム 大野未来